09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031


--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) --:-- | スポンサー広告 | EDIT | ▲PAGETOP
2008.07.17 (Thu)
コンチェがメンテでヒマだったのもあって、
少し 振り返りつつ、無呼吸さんについて書いてみます。

うちの旦那さまは タイトルの通りです。
おかしいと思いながらも 特に病院へ行った事もなかったのですが
2年ほど前のある日、
NPO法人が器械レンタルして検査し、
送り返すと結果を送ってくれる・・・という検査をしてみたのです。

その結果・・・
判定基準 最高レベルの E
重症の睡眠呼吸障害、医療機関での受診が必要!

重症ですと・・・;;
ま、、どう見ても「それ」とはわかってたものの
「重症」と言われた本人は、多少なりともショックだったようでした。

専門的な数値は、書かれていてもよくわからないのですが、
【 1時間あたりの無呼吸回数 45.7回 】

1分に1回近くは、呼吸が止まってる訳です。

※本人は寝ているだけなので、見ている誰かが指摘しなければ
 気付いていない人もいるかもよー。
 みなさまも家族か「ベッドパートナー」に聞いてみそ。

睡眠時無呼吸症候群の定義

「一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上おこる。
 または、睡眠1時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が5回以上おこる。」

 うちは1時間に45.7回、一晩には・・・約300回!!
 定義の回数の 10倍 です、、、、、


「厚生省では睡眠1時間あたりの低呼吸数が20回以上おこる場合では、
 5年後の生存は84%(5年後の死亡率は16%)と報告しています。」

(; ・`д・´) な、なんだってー!!

な、、、ながっ・・・
その後の治療は 続きにて・・・
さて、、、、重度の無呼吸さんである うちの旦那さまですが
そうとわかってからの対処についてです。

まず専門のお医者さんへ行きました。
 (調べてみると結構あるんですの。。。。専門医)
問診を受けて、一応、以前のNPO法人で検査した結果なども見せましたら
とにかく 一度 入院して検査をします・・・と。

入院と行っても、夜にご飯を食べてから病院へ行き
お風呂に入り、寝るだけです。
いろいろ器械をとりつけられて・・・
当直で寝ずに監視している方もいる中、ぐっすり寝たようです。。。

その結果、「鼻CPAP療法」をいうのを選択する事になりました。
手術をする方法もあるのですが、今一歩 踏み切れません><

マスク療法と決まっても、更にもう一度 マスク調整の為の入院が必要でした。

入院検査1回、マスク調整の為の入院1回で
やっとこさ、マスク(CPAP)が来た訳です。



お陰でイビキもほとんどなくなり、
マシンを通じて「スー、ハー、スー、ハー」と言う音のみで
我が家にも静かな夜がやってまいりました。

まぁ、静かだろうがうるさかろうが、
このマスク装着によって
症状改善と無呼吸による弊害が無いことがすべてです。

装着して寝るのってどんな感じかなーってのは、
体験してないですが、見た目などは↓こんな感じです。
http://www.interq.or.jp/kyuushu/sas/treat2.htm

ただ、根本的に治る方法ではなく、
付けて寝れば症状が改善されるけど、付けなければ同じ事。
こうして、生命維持装置が欠かせない日常となったのです。

※ちなみにこの器械はレンタルで、毎月5000円ほどの費用がかかります。

うつ病や精神疾患には32条があって、簡単な申請で医療費無料とかになるのに
一生続く、こっちにも医療費補助あってもいいと思います。
既にあったら 教えて~
関連記事
スポンサーサイト
2008-07-17 (Thu) 09:18 | 日々のあれこれ | CM(4) | TB(0) | EDIT | ▲PAGETOP
2008-07-19 01:03 ただ URL [ 編集 ]
2008-07-19 23:57 ヤッターマン URL [ 編集 ]
2008-07-20 11:43 aya URL [ 編集 ]
2008-07-20 12:06 ヤッターマン URL [ 編集 ]















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。