10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930


--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) --:-- | スポンサー広告 | EDIT | ▲PAGETOP
2008.09.28 (Sun)
ちょっと久しぶりの お気に入り映画紹介。


原題 : One Flew Over The Cuckoo's Nest
カッコーの巣の上で (1975・米) - [goo 映画]

出演:ジャック・ニコルソン

アカデミー賞 作品賞、主演男優賞 受賞作


一言で言うと とっても重い映画。

刑務所の強制労働を逃れるために気狂いを装い
精神病院に送られる主人公が見た 精神病棟での実態。

以下ネタバレ注意

誰にも生気が無く、ひどい扱いを受けている現状を変えようと
いろんな事をしてみるも、悲劇が連発。

看護人に怒りを覚え暴れた罰で 
電気ショックを受けさせられ・・・
ボロボロにされ・・・
植物人間にされて病室へ戻ってきた主人公を
共に脱出計画をしていた仲間が 枕で・・・。

尊厳死?最後の友情?
あまりにも重く悲しく絶望感の残る結末。

どうしようもない はがゆい世界を思い知る映画。

タイトルについては
カッコーというトリは自らの巣を持たず、他のトリの巣に卵を産んで育てさせる
ヒナたちは アル意味、親に捨てられているにも関わらず
その現状を、疑う余地もなく受け入れて そこで生きる。

・・・というところから 精神病院での患者の生活をなぞらえてるのかな。

まったく予備知識もなくこの映画を見たら タイトルと内容のギャップにぶつかるかも。
関連記事
スポンサーサイト
2008-09-28 (Sun) 14:25 | 映画 | CM(0) | TB(0) | EDIT | ▲PAGETOP















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。